診療案内

一般歯科

一般歯科

美味しく食事するためには、健康な歯が欠かせません。そのためには、口腔内の環境を良い状態で保つ事が大事です。 
大人の虫歯の場合、早期発見・早期治療が大事です。当院では、可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かないような方針を採っています。
また歯医者さんでの治療も大事ですが、日常のお手入れと定期検診を受けて頂くことが一番の虫歯予防になります。予防歯科という概念と正しいお手入れ方法や知識を持って頂くことが大事だと考えております。

小児歯科 

小児歯科 

「子どもの歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?  
子どもの歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。子どもの歯が痛みだしたり腫れたりした際、治療経過が悪いのが現状です。 
子どもの歯は生え変わるものというのは間違いです。子どもの正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。

矯正歯科

矯正歯科

矯正治療は早く治療をスタートすれば良いわけでも、遅くスタートしても良いわけでもありません。 
お勧めするのは、子どものころに検診等で指摘されなくても、一度矯正の専門医に相談してみると良いです。 
症状によって、早い時期に治療をしたほうが良いケースもありますし、永久歯がある程度生え揃ってから、ケース別に最適なスタート時期が変わってきます。 
成人の場合でも、矯正治療は可能です。最近は、口元への美意識の高いことから審美的に改善することはもちろん、口腔内の予防的な意義から、多くの方が矯正治療を行っています。 
また、ご自身の引っ越し、転校などについても考える必要がありますが、当院では矯正治療を強制はしません。 
相談は無料ですので、歯並びや噛み合わせが気になる方は、是非一度お気軽にご相談ください。

歯科口腔外科

歯科口腔外科

口腔外科とは虫歯や歯槽膿漏あるいは入れ歯の治療だけではなく、口の中に発生するいろいろな疾患に対応する診療科です。
簡単な小手術を行ったり、親知らずの抜歯、炎症や外傷の処置、重篤な口腔内の疾患の早期発見、これらの疾患に対して、専門病院の紹介をしたりしています。

・埋伏歯
親知らずがうずく、痛い。歯科でレントゲンを撮ったら親知らずが埋まっていると指摘された。なかなか永久歯が生えてこない、など。
・顎関節症
口が大きく開かない、顎を動かすとカクカク、ジャリジャリなど関節の音が鳴る、顎を動かすと痛みがある、など。
・歯に起因する炎症
歯茎が腫れて痛い、顔が腫れてきた、など。
・口内炎
口の中の粘膜が赤くただれている。口の中に触れると痛い小さな潰瘍がある、など。
・良性腫瘍
頬の粘膜や舌にイボのようなものや「できもの」がある、など。
・顎嚢胞
顎の骨が膨隆してきた。歯科でレントゲンを撮ったら顎の骨に骨透過像があると言われた、など。
・粘液嚢胞
しばしば唇の内面や舌に透き通った膨隆ができて、つぶれることがある、など。
・舌小帯強直症
舌の下面の突っ張りが強く、舌の動きが悪い、など。
・外傷
転倒して口の中を切ってしまった。歯をぶつけてぐらぐらしている、あるいは歯が抜けてしまった、など。
・補綴前処置
上顎(口蓋)の中央や下顎の内側に骨の堅い出っ張りがあって、入れ歯を入れるのに邪魔になっている、など。

レーザー治療

レーザー治療

歯科分野での医療レーザーの利用は「歯周病」、「歯のホワイトニング」、「進行阻止」「口内炎の治療」、「歯茎のメラニン色素除去」などが研究され、一部の歯科医院で実際に行われています。

■レーザー光の効果について
1,000℃近い温度を短時間(0.0003秒)で出しますので、感じる痛みが僅かです。また、その光は下記の様な効果があります。
・細菌数(虫歯や歯周病の原因)の減少
・炎症組織を焼き取る
・創傷治癒促進作用がある

<<レーザー治療のメリット>>
・痛みがほとんどない
・傷んだ歯茎を早期に直す作用がある
・歯石が再付着しにくい
・治療時間が短い

<<レーザー治療のデメリット>>
治療後のケアを怠ると、再発を起こす可能性があります。

インプラント

インプラント

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。 
インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。  
  
最近話題になっている心臓移植や肝臓移植は、ドナーという臓器提供者がいて初めて成り立つものです。それを医学用語でトランスプラント(移植)といいます。一方、インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものをその臓器の代わりに使います。例えば、人工腎臓や人工関節などが、それにあたります。歯科インプラントも同じように歯の代わりをする金属(チタン)などの人工素材を利用しています。  

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、従来の歯科が虫歯や歯周病などの病気を治す事が目的としているのに対して、美しさと健康の両方を目的としています。
美しい歯や歯肉が、美しい笑顔を生み出します。
そうすることで、みなさんの人生をより豊に出来ればと考えております。

審美歯科は主に下記の4点に集約されます。
□歯を白くしたい
□歯並びをキレイにしたい
□歯肉を美しくみせたい
□歯の欠損部分を自然な形で補いたい